クレジットカードの認識不良

クレジットカードの利用頻度があがってくるとどうしてもリーダーへの読み込み回数も増えてきます。それとともに残念なことに認識不良が発生してくることがあります。わたしも実際に認識不良でクレジットカードを交換してもらったことがあります。こちらの使い方が悪いわけでもないので多少いやな気持ちもありますが、これだけ頻度が高いとこうしたこともやむなしかなと思います。しかし、これからはICチップにうめこむことで、リーダーではなくタッチによる照会にしてもらいたいというのが本音です。新たなカードが発行されるまでは残念なことに認識不良が発生したクレジットカードは使えないことになり、日常生活に不便を発することになります。