WEB明細書VS紙媒体明細書

三井住友VISAカードを十数年来、愛用しています。使う金額は少ないので、一般カードで十分なのですが、時々年会費の軽減を図るために「WEB明細書の申し込みをするべきだろうか」と悩むことがあります。紙の明細を自宅に送ってもらうのではなく、WEB上で閲覧できるようにすれば、紙媒体の削減となってエコであり、また数百円ほど年会費が安くなる仕組みなのです。ですがどうしても、紙媒体を離れることができません。自宅が田舎で、時折インターネット回線が不通になってしまう、ということがあるのです。他のモバイルを持たず、PCも一台しか持っていないので、もし不調などで必要な時に見ることができなくなってしまったら…?と想像すると、「やっぱり年に数百円払っても、紙媒体があった方がいいかなあ」と結論付けてしまうのです。

年会費無料で使いやすい楽天カード!

クレジットカードって種類が多すぎてどれを選んでいいのかわからない、と言う方も多いのではないでしょうか?今回は、筆者が利用している楽天カードについてご紹介します!楽天カードは年会費のかからない、誰で持つことの出来るクレジットカードです。インターネットから簡単に申し込めるのが特徴です。楽天での商品購入にはもちろん、コンビニや飲食店、スーパーなど、多くの場所でも使えます。楽天カードの魅力は、そのポイントの還元率の高さです!お店などで使えば、100円で1ポイントが付加されます。また、楽天市場では「ポイント○倍セール」などのイベントもよく開催されています。サイトをよくチェックして、ポイントの倍率が高いときを狙って購入するのがおすすめです!楽天にはホテルの予約をとれる「楽天トラベル」もあるので、私は旅行の際は必ずこちらで予約をするようにしています。一度にかかる金額も高いので、ポイントもたくさん貯まってお得ですよ!皆さんも、カード選びに悩んだら楽天カードを1枚持ってみてはいかがでしょうか。年会費もかからないので、あまり使わなくても安心です。今なら5000ポイントプレゼント中なので、おすすめですよ!

楽天カードのポイントを貯める裏ワザ

「主婦でも作れるクレジットカード」と言えば、楽天カードでしょう。楽天カードは、入会費、年会費が無料ですし、インターネットから気軽に申し込むことが出来ます。 楽天カードにはJCBとVISAがあり、申し込み時にどちらか好きな方を選ぶことが出来ます。どちらを選んでも、ポイントの還元率には違いがありません。 セブンイレブンなどでナナコを利用している人は、JCBの楽天カードを作ることをオススメします。電子マネーへのチャージを楽天カード経由ですることが出来るため、電子マネーにチャージするたびに楽天カードへのポイントが付与されるからです。なお、同じ楽天カードでもVISAだと電子マネーへクレジットカードからのチャージは行えないので注意が必要です。

クレジットカードの使い分け

わたしは基本的にプライベートで1枚、会社の精算用で1枚のクレジットカードを持っています。しかし、どうしてもポイントをうまくためようと思えば、プライベートのカードで全てを精算したほうがお得になることはいうまでもありません。とここで全てプライベートのカードを利用してしまうと家内と後々のお小遣いを精算していくときに、何が会社で使ったのか、何がプライベートなのかがわからなくなるという弊害が出てきてしまいます。実際に、本当はお小遣いで会社清算の出張費を立て替えているにもかかわらず、プライベートのカードで生産していたとなれば、手当てなども含めて家内と生産する必要があります。非常に細かいところですが重要なお小遣いの分岐点です。

学生のうちにクレジットカードをとったほうがいい?

クレジットカードは、学生のうちにとっておくといいと言われています。特に会社員にならない人です。会社員ならある程度は審査に通りやすいのですが、無職はもちろん厳しいですし、自営業、フリーターといった場合もハードルが高くなる場合があります。しかし学生は、今後社会人になって使ってもらいたいという目的で審査に通りやすくしている会社が多く、また年会費が無料のクレジットカードならとっておいても無駄になりません。日々の生活に使う場合でも、クレジットカードでポイントを貯めたほうが特になることもあるので、学生のうちに、クレジットカードの審査に応募するか迷っているのなら申し込んでおいたほうがプラスになることが多いでしょう。

クレジットカードキャッシングはもしものときに便利

クレジットカードはショッピングだけでなく、キャッシングの機能が付けられるものもあります。キャッシング枠を利用するためには審査を受ける必要がありますが、急にお金が必要になったときなどに活用することができます。ただしショッピングでクレジットカードを利用している場合には、利用額に応じてキャッシング枠の借り入れ額が制限される可能性があるので注意が必要です。またクレジットカードのキャッシングは海外でも行うことができます。海外ブランドと対応しているATMがあれば、クレジットカードの海外キャッシングを利用して借り入れを行うことができます。海外でお金が足りなくなったり、トラブルがあったときは海外キャッシングが利用できることを知っておくと便利です。

クレジットカードと出会ってから得することばかり

クレジットカードに対する印象がお金持ちのアイテムのひとつという古い記憶で止まっていた人間だったので、最初は私なんかが持ってもどう使ったらいいのかと考え込んでしまいました。しかし、公共料金の支払いなど意外と身近なところでクレジットカードが使えることを知り、そこからどんどん知識を増やして現在はクレジットカードを利用しない日がなくなるほど頼りきっています。驚いたのは年会費が無料のクレジットカードでも細かいところまで行き届いたサービスがあったことです。キャッシング枠なしのショッピング枠10万円という最低ラインで使っているのに、各種保障やポイントはもちろん会員だけの特典も満載でとても嬉しいです。そのうち限度額を増やしてもらって海外旅行のお供に携帯したいと思っています。

クレジットカードのポイントキャッシュバックで新刊を買う

 コツコツと毎月少しずつ貯めていたクレジットカードのポイントがキャッシュバックされれば、それを自由に使えます。キャッシュバックは本当にありがたく、趣味の物など好きな物に使いやすいです。私の場合読書が趣味なので、キャッシュバックしたときには新刊をできるだけ買うようにしています。 普段は古本ばかりで新刊を買うことはなかなかないのですが、クレジットカードのポイントがキャッシュバックされたときは思い切って買うようにしています。これは明らかに消費活動を後押ししていますので、良いサービスだと感心しています。ポイントの明細はウェブからいつでも確認することができますし、毎年キャッシュバックされるのがいつになるのか心待ちにしています。

全てお支払いをクレジットカードで済ませる

我が家では、日常にかかるあらゆるものの支払いを可能な限りクレジットカードで支払いをしています。クレジットカードで支払うことのメリットは、なんといっても支払うごとにポイントが付くことです。ポイント還元率が高いクレジットカードを利用すれば、一か月あたりで数百ポイントから数千ポイントをゲットすることができます。たまったポイントは、商品に交換することもできるのですが、ほしいものがないときには現金に還元しています。もちろん現金としてもらえるわけではなく、あくまで商品に対しての割引をしてくれるのですが、かなりの家計の足しになっています。また、クレジットカード中心の生活をしていると、お財布の中に小銭がじゃらじゃらすることもなく会計するのも楽になりました。

季節のイベントの買い物にクレジットカード

クレジットカードはよく使っているのですが、買い物となると様々な出番があると思います。特に季節のイベントとしてはお歳暮やお中元などをよく買いますが、その時にはクレジットカード支払いがとても便利だと思います。結構な数を贈るようになっているので、まとめて支払えるクレジットカードは便利ですしポイントも多く還元されるのでお得になります。また旅行先でもクレジットカードは有効に使えますし、優待割引などが付いているクレジットカードを持っているので使い分けることでさらにお得になります。海外旅行に関しては補償サービスが付いているクレジットカードを使った方がやはり安心して買い物ができますし、万が一の病気などにも対応しているものもあるので力強い味方ですね。